親養子入養関係証明書の記載事項

本人の

・登録基準地
・姓名
・性別
・本
・生年月日
・住民登録番号

親生父母・養父母または親養子の

・姓名
・性別
・本
・生年月日
・住民登録番号

入養・罷養に関する事項
「親養子入養」とは日本で言うところの「特別養子」のことです。
「入養(普通養子)」では実父母との親子関係は法律上も継続しますが、「親養子入養(特別養子)」では法律上の親子関係は消滅します。

養子となった者の「家族関係証明書」の実父母の記載は抹消されて養父母の記載がされますが、「親養子入養関係証明書」では入養に関する事項として実父母の情報が記載されます。

親養子入養関係証明書は、帰化申請においては申請者について必要な書類です。
帰化申請のために取得する場合は、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・入養関係証明書・除籍謄本と合わせて請求しましょう。

証明書には種類があります

2016年11月30日の法改正により「一般証明書」「詳細証明書」「特定証明書」の3種類に分かれました。

各証明書に関する詳細は“韓国戸籍の家族関係証明書が「詳細」「一般」「特定」になりました。”