相続の手続き【銀行編】

韓国人の方が亡くなった場合、その方の身分を証する書類が各所で必要ですが、被相続人(亡くなられた方)が預金をお持ちの場合、銀行に対して払渡請求書を各相続人押印のうえ提出します。

その際、どの程度韓国の書類が必要であるかは各銀行によって異なります。
本人の出生時からの除籍謄本を全て求める所もあります。

被相続人が帰化されている場合は、帰化後の日本の戸籍(戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本)は全て必要であるケースが多いですが、帰化前の韓国戸籍も翻訳文付で提出を求められることもありますので、各銀行に「誰の、いつの、どんな書類が必要なのか?」は必ずご確認下さい。
⇒ 当所では、銀行への提出に必要な戸籍の調査・収集するサポートもございます

帰化前の韓国戸籍を相続人(お子様)が集めるのは、かなり大変だと思います。
万が一に備えて、韓国戸籍だけでも用意しておくことが相続される方の負担減に繋がります。
相続のために戸籍を取っておく

各々銀行によって、多少書類が変わってきます。
多少の交渉は出来ると思いますが、大体はマニュアル化されていますので、相続人にとっては大変な作業でしょう。
口座が各銀行に点在する場合は、生前になるべく集約するなどしておくと相続手続き自体は比較的楽になると思います。

銀行への提出に必要な韓国戸籍を調査・収集いたします!

煩雑な韓国戸籍の収集や銀行担当者とのやり取りや提出を当所でさせていただくサポートを開始いたしました。
30,000円~

お電話にて一度お問い合わせください。
078-599-8515