韓国籍、元韓国籍の方の相続サポート

韓国籍の方、元韓国籍の方(韓国籍から日本籍へ帰化した方)が亡くなった場合、相続手続き時に韓国の戸籍、家族関係証明書等が必要になります。

中でも、帰化された方の戸籍や、関係性が遠い方の戸籍を探す際は「韓国の戸籍調査」と「日本の戸籍調査」の両方が必要になり、とても煩雑になります。

日本人の場合は、戸籍によって相続人と被相続人の関係性が証明できるため、ご家族だけで解決できるケースもありますが、韓国籍の場合は

・戸籍が整理されていない(よくあります。詳しくは「戸籍整理とは」)

・帰化した者は、韓国の戸籍を日本の戸籍を繋げる書類が必要

・請求者(相続人)と対象者(亡くなった方)との関係性を自身で証明しなければならない

・韓国語で記載されいるため、一度で正しいものが取れているか判断ができない

・提出先の機関(銀行、保険会社等)が外国国籍の手続きに不慣れ

・銀行などへの提出には翻訳が必要

などのハードルがあるため、一般の方が自力で解決をされるのは難しいのが現実です。

 

サポート内容

  • 韓国戸籍の取得(※)
  • 取得するまでに必要な書類の取得
  • 各提出先へのご説明(必要であれば)

※「相続人の出生から死亡まで」「亡くなった方との関係性がわかるもの」等の韓国の戸籍

費用

30,000円(税別)~

ほとんどの方が上記基本費用で完了しています。

≪別途費用が必要となる場合≫

・翻訳(取得後お見積りいたします。費用の目安は「韓国戸籍の翻訳費用」)

・韓国の本籍地が不明な場合(+50,000円にて戸籍調査を行います)

期間

2週間~1か月

相続放棄等で期限がある場合はご相談ください。